FC2ブログ

mukamakoのなんとなく日記

日頃起こったことなどをなんとなく日記にしていこうと思います^^

トランシット

今の仕事(土地家屋調査士の補助)をやり始めて半年経ったので、
復習とかも込めてここで無い知識を搾ってみようと思います。

今回はたまに見かけると思いますが、
測量機械のトランシットについて書いてみようかと。

トランシット

三脚にこういうの乗せてやってるやつです。

見かける光景としては、
ポールを持った人がいて、
それをトランシットを操作してる人が追っていっているといった感じだと思います。

トランシットを覗くと
(クリックで拡大します)

トランシットというのはカメラみたいなものなんですが、
覗きこむと上図のような線が入っています。
それを使ってピントを合わせながら、
ポールの先をきっちり取るようにしていきます。

そしてポールには反射鏡をつけていて、
そこにトランシットの照準を合わせて光を飛ばすと、
ポールまでの距離が測れます。
なのでポールの先をきっちり捉えて、
光を飛ばせば測りたい場所が正確に測れます。


図1

(ペイントで適当に書いたので荒いですが・・・。)

えー、
トランシットを使ってこういう図面を書いていくのですが、
まず上図の1の点がトランシットを設置する点。
2が0度とする基準の点。
3~7がポールを持っていって測った点です。

1,2を結んだ線を基準の0度として、
3にトランシットを振ると、
2から3までの角度が出ます。
ここでポールの先を正確に捉えるということが重要になってきます。
そして反射鏡で距離を取ると、
図面上で3という点ができます。
同じようにして4~7を測ると上図ができます。

これをやることによって最終的に、
図2

といった図面が出来上がり、
測った土地などの形が出てきます。

いちおうここまでがトランシットを使っての作業の流れになると思います。

まぁ・・・。
わかりにくい文章だと思いますが、
あの人たちなにやってるんだろうか?
という疑問が解消されればいいかなぁと。
  1. 2006/03/30(木) 01:20:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2006年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

mukamako

Author:mukamako
週1回以上でぼちぼち更新していけたらなと思います。

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

ブログ内検索

リンク